Magical hour

今気づいたけど、俺肝心の遊戯王の知識無いんだわ><
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
さいつ
トップページ以外何も無いけど取り合えず雛形は作ったよ><
http://notohashi.web.fc2.com/
| malinn | - | 22:39 | comments(5) | trackbacks(94) |
うは
時計で華麗に17連勝+9連勝で26勝1敗を記録したエアルスですが、
28戦目に強奪埋葬増援でエアー3枚相手の場に並べられて連勝オワタwww。
29戦目は1ターンでシャイニング・フレアとワイルドジャギー揃えられてwww。

なんかもう、いくらなんでも腐ってるとしか言えない連敗に萎えたので、
デッキ解体してサイトつくりに掛かろうかと思います(制限改定からの逃避
| malinn | ネタ記事 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
エアルス(FF7の姐さんじゃないよっ)
ブログ2個持ってると自然更新疎かになって、
ピケクラ追う者一途と言えず・・・って違う、二兎を追う者一兎を得ず、
そんな感じの諺通りになってしまう気がするのです。

かといって本来のブログは何故かでかくなって20万前後のアクセス稼いでるし、
今更やめる気も起きないのが困った所。
いっそサイトでもおったてようかとかなんとか考え中なのです。

エアルス/40枚
[上級8枚]
ホルスの黒炎竜 LV8 人造人間‐サイコ・ショッカー
ホルスの黒炎竜 LV6×3 サイバー・ドラゴン×3
[下級12枚]
E・HERO エアーマン×3枚 D.D.アサイラント 魔導戦士ブレイカー
異次元の女戦士 クリッター ならず者傭兵部隊
ミスティック・ソードマン LV2 魂を削る死霊×3
[魔法17枚]
サイクロン スケープ・ゴート 強奪 月の書 光の護封剣
早すぎた埋葬 大嵐 天使の施し 貪欲な壺 押収 増援×2
洗脳−ブレインコントロール×2 エネミーコントロラー×3
[罠3枚]
王宮のお触れ
[サイドデッキ]
霊滅術師 カイクウ×3枚
ライトニング・ボルテックス 抹殺の使徒×2枚 禁止令×3枚
神の宣告×3枚 マインド・クラッシュ×3枚

コンセプト>
ホルスデッキ全般に共通する下級の脆弱さ、
それに伴う上級モンスターの大量に投入による事故率の上昇の改善が目的。
下級が脆弱なら補えばいいという思想は事故の元。
現実、ホルス4を無理やり投入して速攻魔法を積むより、
安定した下級を積んでホルスに頼りきらない構成にした方が良い気がしたのです。

現在、時計とアクアで10連ずつ回して19勝1敗とまずまずの成績。
1敗はhataさんのブログに乗っていたエアブレイドの改善型に喫したもの。
次元からのコマナイが2体揃ってエアーに6が殴り倒されるという経験ww。
まぁ、対戦していても面白かったのでそこは良しとしましょう。

それより、キメラ・バーン・ガジェが8割を占める制限OCGでこの成績は良質。
これらのデッキに対してメインから戦えるというのは非常に貴重です。
バブーン?気合で洗脳と6を引いてください><

>メイン解説
上級の面々は通常のホルスと変わらぬ顔ぶれ。
相も変わらず、場に出ると同時に相手のやる気を消し去る酷い面子です。

下級の軸に採用したのはやはりというか、最強のHEROことエアーマン。
というかもう、このカードは汎用性が高すぎて大抵のデッキに入れられますね。
ホルス6を引くまでの戦線構築が主要な役目ですが、
引き次第ではこれとサイドラと死霊の3枚のみでエンドに持ち込む事も可能です。

その他、ミス2等の増援で呼べるホルスと相性の良いモンスターもちらほら。
死霊はホルス4からの進化が無い以上、生贄確保にも活躍します。
下級の構成だけ見ると、一昔前のスタン+エアと言った感じで、
上級に頼らずとも、これだけでも十分に立ち回ることが可能なのが強みですね。

魔法・罠カードに関して言えば特にコメントすることはありません。
ただ、リアルで使う場合は洗脳を簡易融合に変えればいいだけでしょう。
そのなかで唯一目を引くのが増援ですが、事故るカードではありませんし。
美脚・さらさらヘアーを始めとする除去系4枚を呼べるだけでも十分な上に、
エアの連鎖の引き金になったり、色々やれて面白いのですw。

サイドデッキ解説>
・霊滅術師 カイクウ
 カオス、キメラを封殺する鬱陶しい1枚。後バブーンもなんとか処理範囲内。
 広まりすぎたせいか、閃光が喰えるカードが大半レシピ落ちしているため、
 メインサイド通して抜いてしまっても問題ないと感じた。

・ライトニング・ボルテックス
 そんなにじっくだっちゃん(地砕き)が良いんですか?って問い詰められた
 ・・・気がしたから。

・抹殺の使徒
 カオスメタ。それ以上に説明することも無く。
 
・禁止令、神の宣告、マインド・クラッシュ
 全部まとめてキメラ・ガジェへのメタ。
 キメラとかいう厨デッキはマイクラで何とかしてください。
 あえて和睦威嚇を外したのは性格です。受身は嫌いなドSなのですよ><

>総括

 まぁサイドをちゃんと組めば普通に強いけど、回しても面白くない。
 こんなのより俺は簡易3積んだアンデッドが作りたいんだぁあああぁ。
 (もはや纏めでもなんでもないな。それと、サイドの後半はネタですよ?)
| malinn | ガチデッキ | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
こーかく
サイバー・ダーク・ホーン

なんだかこの前のパック考察でむちゃくちゃに貶してしまっているが、
実際このカードに限定してみるとそう酷い話ではない。
ユニオン能力、という時点で毛嫌いをしてしまった感があるのだが、
墓地に落ちたドラゴン族を装備できる、というのならばまだ話は別だ。
墓地に落ちた資源を活用できる事の強さはバブーン、カオスで周知の通りだろう。
…のだが、指定対象がレベル3以下のドラゴン族という点が如何ともしがたい。
デッキに採用できるレベルとしては、仮面竜とグレイ・ウィングが精々だ。
正直言って、この時点でかなり遠慮したい面子だが、
まぁそこは気合でカバーして場にこのカード、墓地にドラゴンを用意したとしよう。

それで得られる能力は、2200の貫通+戦闘破壊耐性という物だ。
この、2200の貫通効果は地味に結構優秀な能力だ。
サイバー・ドラゴンを押さえ込める下級という時点で偉いのだが、
死霊やら羊やらが氾濫する現在、2000前後のダメージが入る事もあるのだ。
もう一つの破壊耐性については、この攻撃力で戦闘で破壊される事はそうない上、
耐えた所で残るのは800の弱小下級であるため特に有用とは思えないが、
別にあって損な能力ではないことは確かだろう。

また、このシリーズに共通するが、両ウイルスの媒体になる事も特徴的。
ドラゴンを装備していれば魔ウイルス、単体では死ウイルスの媒体に。
つまり、暗黒界の派生デッキとしてデッキを回す事も可能なのだ。
グレイ・ウィング+強制接収→暗黒界+サイバーダーク+ウイルスとか、
流れとしてはすっげー華麗で試してみたい気もする。
(こんなネタ文に対して事故なんて言葉は口にするだけ野暮というものですよ。)

ていうかここまで結構ほめてきた所なんだけど、
場に1枚墓地に1枚揃えばほぼ勝ちに近い番人さんとかも居るんだよね、
と最後に突き放す形でこのカードの考察を打ち切ろうと思う(デレツン?)。
| malinn | 通常カード考察 | 03:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
さいんぱ
初見の印象>
どこをどう略せば「さいんぱ」等と言う略称が飛び出してくるのかが気になるが、
要するにさいばーだーく(さい)いんぱくと(いんぱ)をくっつけて縮めただけ。
しかしこう略すると、どことなくドラクエの雑魚キャラで出てきそうで嫌な物だ。

さいんぱはえーりあんきょうかをとなえた!
まりんはやるきをなくしてしまった!

・・・いや、というかこんな茶番をしている場合でもなく。
とにかく第一印象として、やたら中途半端という印象が拭い切れないこのパック。
確かに各種効果自体は斬新な物が多いのだ。そこは認める。

のだが、例えばいきなりお隣さんのお姉さんがメイド服なんかを着て、
「えへへ、斬新な服でしょ」なんて満面の笑顔でのたまったらどうか。
そこはほら、そんな来ている服を自慢するようなぬるい台詞じゃなくて、
「私は今日からあなたのメイドです、ご主人様。何なりと御用を申しつけください」
とか囁いて流し目でこっちを見る位しなきゃ駄目でしょうが!(お前が駄目だ)

つまりぱっとみでは「おっ」と思われるだけの効果を持ちながら、
結局良く見れば今ひとつ押し切れていない、そんなカードが多々あるパックなのだ
(自分で書いておきながらすげー話題の落差だ)。

新システム>
・チェーンブロックに対する干渉
フィールドゾーン上に新たなシステムを持ち込む事は難しいと感じたのか、
コナミはついにルールのひとつである「チェーン」にまで干渉してきた様だ。
だが、いかんせんいずれのカードも発動条件が厳しすぎる。
最低でもチェーン3、有用な効果となってくるとチェーン4を求めてくるのだ。
ただ、これだけならまだ満たせないとまでは言い切れない。
カウンターに特化したデッキならばチェーン4まで行く事もままある。
だが、これらのカードのスペルスピードはいずれも2。

・・・つまり、カウンターカードを差し挟んだ場合、発動が不可能なのだ。
故に、相手がカウンターを仕掛けてきた場合それだけで発動できなくなるし、
そうでなくても遊戯王において、チェーン3以降が発生する場合というのは、
大抵は何らかのカウンターギミックが絡んでの話だろう。

したがって、この時点で速攻魔法と罠を積むデッキにしか生かせない事になるが。
正直言って、この条件を満たすというと、僕にはフルバーンしか思い浮かばない。
一昔前ならば、やりくりターボに組み込む事も可能であったろうが…。
現在では、大半のディエリストにはなんら価値のないギミックであるのだ。

・芝生(Support of dragon=Sad=芝生)
何を考えて、今更ユニオン能力など復活させる気になったのか。
過去、数ある固有能力の中で最も見向きもされなかったユニオン能力を、だ。
おまけにドラゴンに種族を限定するわ、レベルまでも指定してくるわ。
そんな無理難題を乗り越えてみても、得られる能力は戦闘破壊耐性と+αのみ。
今パックで収録された簡易融合で同系統の能力を持つ優等生な子、
サウザンド・アイズ・サクリファイスを簡単に呼び出せる事を考えると、
どう頑張ってみても所詮はファンデッキの6文字に集約されてしまうだろう。

・ツンデレ(結界像、虚無の冠を持つ上級2種)
同族性のみを限定的に対象から外した無条件の王宮の弾圧と言った所か。
古くは弾圧ワンフー、弾圧アビス。最近では弾圧ガジェット。
これらのデッキが証明してきたとおり、デッキを成り立たせる要素の一つである
特殊召喚を封じる力は、相手からすれば非常に鬱陶しい能力となる。
それも、これらのカードは今まで見過ごしてきたダメステにも影響力を持ち、
リクルーターやバブーン、ハイドロゲドン等までを封じ込めてしまうのだ。
ちなみに何をもってツンデレかというとつまり下のような感じだ。

「ふ、ふん!どうせあなたたちはSSの方が大事なんでしょ!あっち行ってよ!
 ・・・ってばかばかばかぁ!何ホントに行こうとしてんのよ!
 わ、わかったわよ。あ、あなただけSSさせればいいんでしょうっ!!」
| malinn | 新パック考察 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ